病院でいただいてきたお薬や、コルディを飲ませる際に、そのままでは飲んでくれず、苦労されている飼い主様がいらっしゃいます。
口先もそうですが、手先、足先など、「先」と言う部分は、ワンちゃん・ネコちゃんにとって弱点であり、触られること自体を嫌がります。
でも、飲ませなくちゃいけないものがある…
となると、少しでもお互いにストレスなく、飲んでくれたら良いですよね。

市販の服薬ゼリーやジャーキーみたいなものが販売されていますが、添加物が含まれていたり、乳製品が含まれていたり…
がんを患っている子はもちろん、健康な子でも、出来る限り体に負担をかけるものは与えたくないと思います。

今回は、服薬ゼリー”もどき”をご紹介したいと思います。

※使用している材料には炭水化物が含まれますが、お薬等を飲ませるためだけのものですので、大量に与えなければ問題ありません。

手作り服薬ゼリー

材料

・ゼラチン(若しくは寒天)
・お野菜スープやお肉のスープ、だし汁等のスープ類

作り方

・お鍋(若しくはフライパン)でスープを作る。(お野菜を煮込んでもよし、鶏がらスープでもよし、その子が好むスープが良いでしょう)
・ゼラチンをしっかりと混ぜ、製氷皿に移す。
・冷蔵庫で冷やし固める

アレンジとしては、ゼラチンを片栗粉(若しくは葛、コーンスターチ)に変えることで、ペースト状のものを作ることも出来ます。
この場合は、お鍋に片栗粉と少量のスープを入れ、ダマにならないよう木べら等で混ぜながら火にかけ、好みの硬さになるまでスープを加えてください。

 

これは、個人的に好きな牛乳餅(私は豆乳を使用します)をスープで作ったら良いかも!と思い考えついたレシピです。
(レシピといえるほど大層なものではないですが 笑)
多めに作っておいて、冷蔵庫保管していただければ、5日ほどは持つと思います。

氷を作るときに薬も一緒に入れています!と言うお話も聞いたことがありますが、氷は体を極端に冷やしてしまう可能性があります。
低体温は免疫力低下にも繋がりますので、「これじゃないとどうしても食べない」と言う場合を除き、控えたほうが良いです。

投薬ストレスが少しでも軽減されることを願っています。

  • ご愛犬、ご愛猫が癌でも笑顔で過ごせるように-対策のご案内

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
おすすめの記事
コルディMについて
投与回数 コルディは1日2回以上、できればより小分けにして与えていただけるとより良いです。 (常に体の中にコルディがある状態にしていただくの...
犬の乳がんX線画像
ニュース・コラム
ここ10年20年で犬や猫のがんが急増しています。寿命が延びたことと深い関係があります。食事の影響もあるでしょう。対策方法について考えていきま...