• コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)

私たちの体の6~7割が水分で構成されているように、ワンちゃん・ネコちゃんも体の殆どが水分で構成されています。
ただ、私たちと違い、ワンちゃん・ネコちゃんは意識的に水分を摂取することができません。
特に、ネコちゃんの祖先は砂漠で生活していたこともあり、ワンちゃんと比較した場合、水分摂取量が少ない傾向にあります。
(これが原因で、膀胱/尿路結石や腎不全の割合がワンちゃんより高いと言われています)

また、水分摂取量が少ないことで、体内の循環が滞り、腎臓に流入する血液量が減ることで、尿の生成が少なくなり、その結果、毒素の排泄がうまくできなくなります。
全身の循環量が減少すると言うことは、体の代謝が鈍ることにもつながりますし、代謝が鈍ることで、体温低下・免疫力低下にも繋がります。
また、血液が濃縮されドロドロになることで、血栓が作られてしまうリスクも否めません。

今回は、どのようにして水分摂取量を確保していくのかをお話させて頂きます。

1日の必要水分摂取量

まず、ワンちゃん・ネコちゃんの1日の飲水量を把握しておきましょう。
アメリカの飼養基準であるNRC飼養基準によると、ワンちゃん・ネコちゃんの1日の必要摂取カロリー数と同じ数値の水分量(ml)と言われています。

こちらのサイトで簡単に計算することが出来ます。⇒ワンちゃん ネコちゃん

※以下の飲水量を超える場合には、飲水過多で、腎臓病やその他ホルモン疾患などが考えられますので、かかりつけで検査をしてもらうと良いでしょう。
ワンちゃんの場合:体重(kg)×50~70ml  ネコちゃんの場合:体重(kg)×50ml

水分の摂り方・種類

まずは、新鮮なお水がいつでも飲めるようにしてあげましょう。
ワンちゃん・ネコちゃんの中には、お水の温度や鮮度によって飲水量が変わります。デリケートな子の場合、お水が入っている容器によっても変わってきます。
その子その子によって好みが分かれますので、自分の子はどんなタイプのお水が好きなのかを見つけてあげましょう。
そして、次にお水の種類です。
水道水だと塩素が気になるということで、ミネラルウォーターを与えている方も多いと思います。
しかし、ミネラルウォーターの場合は軟水・硬水の2種類が存在します。さて、どちらが良いのでしょうか?
硬水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれており、犬猫にとっては尿結石の原因になる可能性があります。
故に、ミネラルウォーターを与える場合には、軟水に分類されるものを与えたほうがよいでしょう。

ただ、軟水を選ぶ場合にも、アルカリイオン水で体内がアルカリに傾くことで出来てしまう結石もありますので、pH7(中性)のものを与えるようにしてください。
一般的には、水道水を与えても特に問題があるわけではありませんので、気になる方は浄水器等を通してから与えるとよいでしょう。

 

脱水時の水分補給

熱中症や、嘔吐、下痢による脱水症状が起きている場合、純粋なお水の補給だけでは、体内のミネラルバランスが崩れてしまい、痙攣などの異常症状を来す場合があります。
近年は、動物用の経口補水液も販売されていますので、そういったものを利用いただくのも一つの手だと思います。
ただ、これらはやや糖分が多く含まれているのが難点。手作り経口補水液であれば、糖分濃度も調節出来ます。
手作り経口補水液は、1Lの水に1-2 g程度の食塩、砂糖を20-40gほど加えて完成です。
人間が飲む場合には、この経口補水液にレモンやグレープフルーツを加えると飲みやすくなります。

また、手作りするのが難しいと言う場合には、乳幼児用のイオン飲料水を与えてください。(通常のスポーツドリンクに比べ、電解質は2倍、糖質は0.5倍になっています)
大人用のイオン飲料水の場合には、1.5~2倍程度に薄めてから与えると良いでしょう。

 

脱水状態の調べ方

ワンちゃん・ネコちゃんの首元の皮膚を掴んで、引っ張ってみてください。
すぐに戻るようであれば、体内水分量は適切です。
しかし、元の状態に戻るまで数秒かかるようであれば、それは脱水が起きている証拠です。

その他、歯茎が湿っているか、肉球や目の粘膜の色が正常かどうか、毛艶が悪くなっていないか等も一つの指標となります。

 

たかが脱水ですが、されど脱水、命にかかわることもあります。
愛するワンちゃん・ネコちゃんの飲水量は適切ですか?
脱水は起きていませんか?
今一度、飲水量が適正かどうか、脱水の有無をお調べいただき、今後の生活にお役立ていただけたらと思います。

  • コルディの安全性への取り組み
  • 競走馬理化学研究所のドーピング検査
  • 免疫(免疫力)は癌や病気を抑える切り札
  • 手作りレシピ集~食材編~
  • 手作りレシピ集~作り方~【改定】
  • 手作り食のサポート~ビール酵母~
  • 犬・猫のワクチンについて
  • ワン・ニャンも歯が命!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
犬や猫のがん
犬の悪性リンパ腫の概要 悪性リンパ腫は「血液のがん」に分類される、全身性のがんです。致死率は極めて高く、現在の獣医療では不治の病です。 リン...
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
ここでは、ワンちゃんの肝臓疾患で、腫瘍以外の主な疾患についてご紹介します。ネコちゃんの肝臓疾患に関する病気はこちら をご覧ください。 犬伝染...
取扱い動物病院の一覧
大阪のまねき猫ホスピタルは、ちょっと変わった名前の動物病院です。犬もしっかり診てくれるのでご安心ください。 高齢のペットもよく診てくれます。...
犬や猫のがん
皮膚組織球腫では手術が勧められます 皮膚組織球腫は良性腫瘍ですが、それでも切除が獎められるのは、危険な肥満細胞腫との判別が難しいケースがある...
犬や猫のがん
猫の肥満細胞腫は手術で取りきれるかどうかが予後を大きく左右します 肥満細胞腫は人間にはほとんど発生しませんが犬やネコでは頻繁に発生する悪性腫...