食事

フルボ酸について

自然界に存在する有機酸で、腐植土壌に存在し、植物にミネラルを補給する役目を担っています。
動物に対しては、微量養分(ミネラルなど)を体全体に運ぶ作用を持つだけでなく、活性酸素などの働きの抑制効果が期待されています。

まだまだ解明されていない部分が多いフルボ酸ですが、有害物質の排除(=デトックス)を積極的に行うことで、免疫力の安定化にもつながると考えられます。

フルボ酸は、フミン物質の中の1つです。
フミン物質は

・フルボ酸
・フミン酸
・ヒューミン

の3つの成分に分類されますが、フルボ酸は分子量が小さく、phに関係なく溶液に良く溶ける性質を持っているため、体にも吸収されやすいのです。

フルボ酸には以下の作用があります。

①キレート効果

体内に入ったミネラルを取り込んだり離したりすることで、体内にバランスよくミネラルを送り届ける効果が期待できる。
また、老化原因の一つでもある活性酸素やフリーラジカルの活動抑制作用も期待できます。

②ph緩衝作用

phバランスを一定に保つことです。
体内のph値を安定化させることで、体内買いに余計なストレスをかけにくくします。

③ミネラルバランスの調節

体内のミネラルバランスを一定に保とうとする働きから、栄養分を球種ると同時に余剰・不必要な栄養をデトックスする効果が期待できます。
吸収と排泄を両方担う栄養素です。

 

④生体活動の活性化

細胞を活性化させる天然のイオン交換物質のため、効率よく酸素を取り込むことで、生体活動・自然治癒力を活性化させることが期待できます。

⑤自然治癒力の促進

体内酵素の活性化により、血流の改善や腸内環境の清浄化から、代謝改善、基礎体温上昇などが期待できます。

 

 

食材では摂取が難しいため、サプリメントとして摂取することになりますが、デトックス促進と微量養分の吸収率upは、コルディとの相乗効果が期待できると考えられます。

デトックスが滞れば、折角の免疫力も効果を十分に発揮できません。
是非、フルボ酸も日々のケアとして取り入れてみてください。